HOME > CONCEPT > 私たちの仕事と役割

コンセプト

コンセプト

私達の仕事と役割

私たちの仕事と役割
TENアーキテクツの100%をお見せします。

1

敷地調査・役所調査

周辺環境や地盤・法的制限などを調査します。 敷地を見ることで周辺への配慮はもちろん、家造りのヒントを敷地から得る事も多々あります。

2

条件の整理

敷地・予算・要望を伺い要素を整理していきます。

3

全体工程の作成・確認

プロジェクトをどのようなスケジュールで進めるか案を作成し確認していただきます。建築を進める上では様々な事が同時進行になりますので工程をしっかり把握しておく事が大切になってきます。

4

ヒアリング・お打ち合わせ

今のお宅の不便なところ、便利なところや、こんな家にしたいなど建物に対する思いやご要望をお聞きしたり、事例などをお話しながらお話を進めて行きます。
その中でも言葉にならない隠れたご要望を引き出していくのが私たちの仕事だと考えています。

5

ご提案・模型作成

ご提案は、平面図はもちろんですが、イメージパースや実際の建物の写真参考にしたり、模型などを交えて行っています。出来上がりの状態をなるべくわかりやすくご提示する事で、後悔のない家造りを進める事が出来ます。

6

図面作成

お打ち合わせした内容が施工者に確実に伝わるように、細かな図面を作っていきます。実際の使い勝手をお聞きしたりしながら、過去の事例を交え施主様と細部を練っていきます。

7

建築確認

図面と書類をまとめ建築基準に適合しているかどうか役所に提出し確認済書の発行を受けます。これが受かると晴れて工事着工する事が出来ます。

8

施工業者の選定

施工業者選びについては、何社かに見積もりを依頼し競争入札を行ったり、1社にてじっくり見積もりを見ながらつめていったりします。業者選定は、金額以外にも実績や得意不得意がありますので、建物に応じて決定したらいかがでしょうか。

9

見積もり内容のチェック

業者から出てきた見積もりをチェックします。数量違い、単価などをチェックすることで、適正な金額になります。契約後の思わぬ追加工事は後々の総予算が変わってしまい取り返しが付かない場合があります。

10

契約内容・保障内容の確認

契約書や保証内容の提示を受け確認します。 法律は素人の施主にはわかりづらいものとなっています。当方で適切であるかどうか、又書かれている内容が理解できるものかどうか施主の立場からチェックします。

11

工事監理

設計図どおり現場が作られているか、正しい施工方法で施工をしているかチェックします。又急な変更工事に伴う調整やそれに伴う工事費の増減をチェックしたり、施工者に指導助言を行います。設計事務所は施工業者と会社が違いますので、第三者の立場で工事監理することが出来ます。