施工レポート

2016.07.04

富士宮 渡あごの家

先月上棟を終えました "富士宮 渡あごの家"

32坪 純和風 平屋建ての住宅です。
長い長い設計期間を経て、ようやく工事に入りました。

今回は "渡あご工法" で、柱と梁の接合部に金物を使わない伝統工法で建てる家。

最近ではプレカット工場で柱や梁を製材するのが当たり前の時代となりましたが、
昔は大工さんが一本一本材料を見極め、墨を出し、カンナやノミを使って手で刻み、加工していました。

↓このような継手も全部大工さんの手で刻んだものです

DSC_3004.JPG
↓柱と土台を組み合わせるのも、金物を使わず "込み栓" で。

DSC_3010.JPG
↓柱と梁を組み合わせるのも "込み栓"

DSC_3008.JPG↓これが "込み栓" です。よーく寝かした樫の木を使っています。一番強度が出るそうです。
材木屋さんいわく、金物で接合するよりも強いとのこと。

DSC_3027.JPG↓外観は、シンプルな切妻屋根。

DSC_3016.JPG
お天気にも恵まれ、無事に上棟を終えることができました。
上棟式の後には、お施主様のご希望で投げ持ちをやりました。

DSC_3018.JPGDSC_3017.JPGDSC_3022.JPGDSC_3025.JPG
最近では投げ持ちをやるお宅はなかなか無く
お施主様も「集まりますかね・・・」と心配していましたが、
大勢のご近所さんたちが集まってくれました。

・・・子供も大人も必死!!!!笑

大盛り上がりの一日となりました。



TEN ARCHITECTS DESIGN
TENアーキテクツの家が
ピッタリな方はこんな方
  • check

    全て納得したい。

  • check

    こだわりを実現したい。

  • check

    デザインにこだわりたい。

  • check

    他でプランをしてみたが意向が伝わらない!!

  • check

    一緒に家づくりをするパートナーを探している。

  • check

    じっくり取組みたい。

  • check

    人と同じ家はいやなんだ。