施工レポート

2020.08.03

デザインハウス

今回のお宅は、普段から大変お世話になっている大工さんと板金屋さん

そして遠藤とお客様が一丸となって造り上げました。

お客様からは「ガルバリウム鋼板の家を建てたい!」という思いから今回設計させていただきました。

軒先を細ーい綺麗なラインに見せるために大工さんと板金屋さんがアイディアを出し合いました。

現場ってこういうことが起きるから、楽しいんですよね~。

 

その細い軒先に太くてゴツイ雨樋がきたらカッコ悪い…

そもそも取付困難ということで今回は屋根の中間、内樋にしました。

 

お客様のガルバにこだわるご意見から、板金屋さんのご提案で今回ウッドデッキの軒天もガルバで仕上げました。

 

 

天井に掘り込まれた照明レール。

施工上ひと工夫が必要になります。。

 

今回キッチンはLAアーキテクツのキッチンを採用しました。

BOSCH(ボッシュ)の食洗器はフルオープン扉で大きくてとても使い勝手が良さそうです。

 

リビング吹抜けに設置された鉄骨階段。

段板を支える鉄骨部分(ササラ)はとても細く見た目もスッキリ!

細くても大人3人が同時に上り下りしても大丈夫でした。

 

 

木のぬくもりが五感で感じられそうな子供部屋。

ロフト部分は格子のように床板が敷き詰められています。

子供はこういうところ、好きですよね~。

将来性のことも考え、真ん中の梁で区切って使うことも可能。

ライフプランに合わせて家の中も変わっていくものです。

 

引渡してから3年、5年、10年と変化を楽しみにしています。

人間が生きているように家も木も生きています。

 

 

 

 

 

TEN ARCHITECTS DESIGN
TENアーキテクツの家が
ピッタリな方はこんな方
  • check

    全て納得したい。

  • check

    こだわりを実現したい。

  • check

    デザインにこだわりたい。

  • check

    他でプランをしてみたが意向が伝わらない!!

  • check

    一緒に家づくりをするパートナーを探している。

  • check

    じっくり取組みたい。

  • check

    人と同じ家はいやなんだ。