施工レポート

2010.02.22

エコハウスは住宅建築のパッシブデザインから。

近年のエコブームで、エコキュートや

太陽光発電を採用されているケースが増えています。

そういうエコなものも当然良いとは思いますが、

一番肝心要な物があります。

パッシブデザインという事を聞いた事があるでしょうか。

パッシブデザインとは、機械によらないで自然を利用して、

住みごこちを良くする手法です。

冬日の日の光をたくさん浴びて暖かく、

夏日が入らないように、ひさしの長さを工夫したり、

落葉樹を南側に植えて、夏のあつさをしのいだり、

窓の位置を工夫したりする事で、通風が良くなり環境が改善されます。

敷地はいろいろ個性があります。

敷地に合ったパッシブデザインが、当方デザインの道筋であり

得意とするところです。

しかし南側だからといって、窓を大きく開ける事がパッシブデザインではありません。

南側でも、人通りが激しく、カーテンを閉めっぱなしになったのでは、

窓を大きくとった意味がありませんし。

そんなときは視線が通らないハイサイドライトを設置したりします。

又、夏場吹き抜けを利用して、温度差による換気を促したり・・・。

自然の持っている長所を伸ばし自然エネルギーを最大限に活用する事で

費用を掛けなくてもよい環境にする事が出来ます。

 

 

TEN ARCHITECTS DESIGN
TENアーキテクツの家が
ピッタリな方はこんな方
  • check

    全て納得したい。

  • check

    こだわりを実現したい。

  • check

    デザインにこだわりたい。

  • check

    他でプランをしてみたが意向が伝わらない!!

  • check

    一緒に家づくりをするパートナーを探している。

  • check

    じっくり取組みたい。

  • check

    人と同じ家はいやなんだ。