施工レポート

2016.08.02

富士市 W様邸 外壁塗り壁施工に入りました!



こんにちは。
久しぶりの更新になりましたが、
進行状況は間もなく外部にかかっている足場が外れます。

ということは...
外壁の塗り壁がまもなく塗り終わるということです。
打合せ段階では黄色っぽいような色でしたが、
現場が始まり外構に木の色が見えるようになると
無垢がはえるように白色で迷ってみたり...

お施主様のご意見を聞き、
お好みの色を見本帳から取寄せました。

IMG_3818.jpg
打合せ時、イメージパースはこのような感じでした。

IMG_3819 (2).jpg

左官屋さんが、塗り壁の下地を施工している際の色が
お好みだとお聞きしたので近いものを今回選びました。


塗りのパターンで影ができ、また色が違ってきます。
今回は、アイカジョリパットの新しい塗り方の『岩肌』という塗り方を選びました。
外壁も室内の塗り方も左官屋さん初挑戦ばかりなので
お施主様のイメージ通り満足していただけるよう仕上がるか完成まで不安ですが...(笑)
左官屋さんは珍しいものばかり出来るから仕事が楽しいね!
と、今朝現場で話してくれました。

IMG_3817.jpg

下塗り段階がこちらです。↓

IMG_3807.jpg
『岩肌』は夏季の場合はこの↓段階から最低24時間以上時間をあけます。
冬季の場合は倍の48時間以上あけなければなりません。
中塗りの石をたくさん含んだ塗料で丸く円を描くように石を転がします。
24時間以上置き、石が乾燥したのを確認後
また同じ塗料で波のように描いて仕上げていきます。
いつも使用する『コツブロック』や『ゆず肌』に比べると
少し手間と時間がかかる作業になります。


IMG_3812.jpg

外壁完成が楽しみです!!

更新者:土井



TEN ARCHITECTS DESIGN
TENアーキテクツの家が
ピッタリな方はこんな方
  • check

    全て納得したい。

  • check

    こだわりを実現したい。

  • check

    デザインにこだわりたい。

  • check

    他でプランをしてみたが意向が伝わらない!!

  • check

    一緒に家づくりをするパートナーを探している。

  • check

    じっくり取組みたい。

  • check

    人と同じ家はいやなんだ。